「デューン」という呪縛 天才ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督に課せられた課題

今月10月15日 詩的な歩みの第一歩『デューン』という壮大なる映像叙事詩が

開幕された

デューンという起源に遡ったドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の魂の躍動に私たちは遭遇する



原作『デューン』の特徴は、暮らしや日常を描いてることにある

それは通常のSF作品に見られない特徴であり、他とは一線を画してるところである

いわゆるスペース・オペラで見られる光速の壁を破ることはないしハードSFの金字塔

『ブレードランナー』とも違う

人造人間も出てこなければ、登場する砂漠の民フレーメンたちは誰も電気羊の夢は

見ないのだ

つまり『デューン』に事件や出来事はさほど重要ではないということである

過去に複雑で難解なストーリーにより映画化不可能と言われ

1970年代アレハンドロホドロフスキーが映画化しようにも資金繰りがうまくいかず頓挫し

デビットリンチによって1980年映画化されたが、ラフカット版は4時間以上だったものを編集で大幅に尺を短縮し2時間以内に収めたことでダイジェスト版のようなまとまりに欠く内容になった

のちにリンチ本人も失敗作と認めている


そして稀代の天才監督2人が失敗した『デューン』を世間は忘れさられる

その後2000年にリチャード・P・ルビンスタインがテレビシリーズ『デューン/砂の惑星』を製作しているが、所詮テレビ用とあって話題には上らなかった



フランク・ハーバートのSF大河小説『デューン』は

アラビアのロレンスを目指してつくられたというのは有名な話である

実在のイギリス陸軍将校のトマス・エドワード・ロレンスが率いた、オスマン帝国からの

アラブ独立闘争(アラブ反乱)を描いた歴史映画であり、戦争映画である。

描かれてるテーマは存在意義であり

ミッションストーリーは技術、思想である

物語は人々の血気、その血気を人々が強くする動機の枠組みそのものを描いているのだ

デューンはそれを模して宇宙銀河帝国 皇帝が支配する大統領家の権力争いの話である

物語の舞台 デユーンの利権を巡って争うアトレイアス家とハルエンネン家の対立を描いているのだ




銀河見取り図は存在しない 身近で誰一人宇宙に行っていない『デューン』というSFを考えてみる

ガジェット的アンドロイドの登場 ジェットコー